食べることは生きること

料理など食べ物にまつわる情報を発信しています。ママならではの目線、美容、健康を考えた視点からの記事を主に書いています。

おうちでもできる食中毒予防の方法とは?

checkpointoffoods

夏が近づくと気になるのが、食中毒。

夕飯の残りやお弁当作りの時に、気を付けなきゃいけないと思う方多いと思います。

 

そんな時のために、食中毒を防ぐ方法および食中毒になりにくい食べ物を紹介したいと思います。

 

食中毒とは?

食中毒とは、細菌、ウイルス、寄生虫などの様々な原因によって、下痢、腹痛、発熱、嘔吐などになってしまう症状です。

一旦、食中毒になると、感染力が強く家族全員にうつってしまうほどです。

 

なぜ食中毒にかかりやすいの?

6月から9月にかけて気温が高くなり細菌が育ちやすいためです。

また、細菌は、湿気も好みます。梅雨時など細菌が増殖しやすいので注意が必要です。

 

細菌の多くは、室温(約20度)で、増殖し始めます。しかも増殖のスピードも速いです。人間や動物の体温ぐらいの温度(36℃前後)で増殖のスピードが最も早くなります。

 

だけど、実は、室温10度以上で、もう細菌が成長し始めているんです。

なので、冷蔵庫の温度は10度以下になるように設定しておきましょう。

 

また、スーパーで買ってきた食べ物は、すぐに冷蔵庫に入れる必要があります。

肉や魚を解凍するときは、なるべく冷蔵庫で解凍すると良いです。

 

よく知られている菌やウイルス

カンピロバクター菌、O157(病原性大腸菌)、腸炎ビブリオ菌、サルモネラ菌などよく知られている細菌です。

 

ノロウィルスは、名前の通り、ウイルスによる食中毒で冬に流行します。

低温で乾燥した環境中で長く生存するためです。

 

食中毒を起こす細菌は、水、土、人や動物の皮膚や腸の中にも存在しているので、どこでも1年中起きる可能性があるんです。

 

おうちで簡単にできる!食中毒のポイント

調理するときに気を付けるポイント
  • 冷凍した食品はなるべく冷蔵庫で解凍する。
  • 包丁やまな板の殺菌は熱湯消毒と消毒剤で殺菌する。
  • 台ふきんはこまめに洗濯する。
  • 生の肉と魚は、生で食べる野菜などと離して調理をする。          (表と裏でまな板を使い分ける)
  • こまめに手を洗う(特に生肉や魚を調理した後)
  • 手に傷があるときは絆創膏をする
  • お弁当の盛り付けは、清潔なお箸を使う。
食事をするときに気を付けるポイント
  • 食事の前に手を洗う。
  • 長時間、残飯を室内に放置しない。

 

残った食事はどうする?
  • 清潔な容器で保存する。
  • 早く冷めるように小分けする
  • 温めなおすときは十分に加熱する(75度以上が目安)
  • 時間が経ちすぎたり、ちょっとでも怪しいと思ったら、思いきり捨てる。

 

菌ごとの食中毒予防のポイント

腸炎ビブリオ菌

海水中に生息する腸炎ビブリオ菌は、真水に弱いので、魚を調理するときは、いったん水道水で洗い流してから調理すると良いです。

 

サルモネラ菌

鶏、豚、牛などの動物の腸管や卵による感染源が多いです。

  • 低温、乾燥に強いので、生肉、卵を調理するときは、中心部まで火が通るようにしましょう。
  •  まな板、包丁、ふきんは熱湯消毒やエタノールなどの消毒剤で殺菌しましょう。
  • 生肉を触ったら、手を十分に洗うことを忘れずに。
  • 割った卵を室温に放置しないようにしましょう。
  • ひびの入った卵は食べない、完全に火を通すようにしましょう。

 

スーパーで、エタノール消毒剤はキッチン用品売り場に売っているので、入手しやすいですね。

 サルモネラ菌にはエタノールや次亜塩素酸ナトリウムが効きます。

ペットからの2次感染を防ぐには、ペットを触った後や糞尿の処理をした後、十分な手洗いをするようにしましょう。

 

O157(病原性大腸菌)やカンピロバクター菌

O157は、もともと牛や羊などの反芻動物の大腸に生息しています。

非常に感染力の強い菌です。

 

カンピロバクター菌は、鶏、豚、牛、犬、猫、などに生息しています。

中でも鶏肉からの感染が多いです。日本で一番多くみられる食中毒は、このカンピロバクター菌によるところが多いんです。

 

生肉や加熱不足が原因で食中毒を起こします。

熱(75℃以上1分間の加熱で死滅)や消毒剤に弱いので、十分な加熱をしましょう。焼き肉をする時、焼く時と食べる時の箸を分ける(トングがある場合もありますが)

のも大事です。

 

ノロウィルス

カキなどの貝類に生息します。また、感染した調理者からの二次感染も多いです。

ノロウイルスは、85℃以上の熱で1分以上加熱すると死滅します。

カキなど調理する際は、十分に中まで火を通すようにしましょう。

また、包丁やまな板などは、次亜塩素酸ナトリウムで定期的に消毒しましょう。

 

ニュースでも報道されているように、ノロウィルスは非常に感染力が強いです。一緒に住んでいる家族がノロウィルスにかかったら、嘔吐物は、マスク、手袋をして処理をする必要があります。ドアノブ、電気のスイッチ、布団などあらゆるところを次亜鉛酸ナトリウムで消毒しなければならないので非常に大変です。

 

食中毒を防ぐ食べ物とは?

実は、私たちが知らない間に食べている食べ物も実は、食中毒を防ぐのに適しているものもあります。いわゆる薬味と呼ばれているものですね。

 

大根

肉や魚の毒素を中和してくれます。胃の働きを高め、消化を促進する作用があります。

特に、すりおろすことで生まれる辛み成分イソチオシアネートには、解毒・殺菌・抗炎症作用などがあるので、すりおろして食べることをおすすめします。

 

ショウガ

生のショウガにはシンゲロールとよばれる成分が含まれ、解熱作用や殺菌作用があります。また、お寿司の付け合わせのガリには、生魚の毒を消す作用があります。

 

酢、レモンや梅干し

クエン酸を含んでいます。

強い抗菌性があり、細菌の増殖を抑えて食べ物の腐敗を防ぎます。

ご飯や煮物など料理の際に、味を損ねない程度に酢を入れても良いです。

  

さいごに

調理をする時、食べる時に、食中毒を事前に防ぐポイントと薬味などの食べ物を食べて食中毒になりにくくする方法をお伝えしました。

 

夏は、食欲が落ちやすい時でもあります。酢やレモン、ショウガ等々のさっぱりした食べ物を食べたくなる季節とちょうど一致していますね。

 

うまく、食べ物をも組み合わせて、普段から衛生状態に気をつけて食中毒にならないように役立ててくださいね。