食べることは生きること

料理など食べ物にまつわる情報を発信しています。ママならではの目線、美容、健康を考えた視点からの記事を主に書いています。

PALATASのようなフローズンフルーツをお家で作るには?

     palatas

 

PALATAS(パレタス)のフルーツバーは、見た目もカラフルで可愛らしくてご存知の方もいらっしゃるかと思います。テレビでも放映されているほど人気です。

 

PALATAS(パレタス)は、元々鎌倉発のショップですが、現在、鎌倉店、東京ミッドタウン店、GINZA SIX店、横浜アリーナ店、函館店の5店舗展開となっています。

 

その中で、GINZA SIX店のPALATASに行ってきたので紹介したいと思います。

 

GINZA SIXは、元松坂屋銀座店跡地にあります。

大丸松坂屋百貨店、住友商事、森ビル、Lキャタルトン リアルエステートルイヴィトンのLVMHグループをスポンサーとする不動産投資・開発会社)が共同出資した複合商業施設です。

 

椎名林檎とトータス松本の「目抜き通り」という曲は、このGINZA SIXのテーマ曲。

店内でもこの音楽が流れています。私はこの曲が大好きなので、ついつい店内を歩いていると嬉しくなってしまいます。

 

 PALATAS(パレタス)は、GINZA SIXの地下2階にテイクアウト専門店として営業しています。外国人観光客も多く、今や観光客も情報通だなとつくづく思いました。

 

PALATAS(パレタス)の会社概要

実は、目薬で有名なロート製薬が、アグリ事業としてフルーツの新しい食べ方を模索してできたのがパレタスのフローズンフルーツバーなんです。

ロート製薬のグループ会社、ジャパンパレタス株式会社が運営しています。

 

PALATAS(パレタス)の名前の由来は?

メキシコの果汁アイスバー「パレタ」をヒントにして作られた名前なんです。

 メキシコのパレタのレシピでは、牛乳など入っていません。

 

PALATAS(パレタス)のアイスの特長

旬の時期に収穫される新鮮な果物をヨーグルト、果汁、ジェラートに凝縮させたフローズンフルーツバーです。

 

安心・安全へのこだわり

香料や人工甘味料、着色料や合成添加物などを極力使用しないことで、安心安全にもこだわっています。

 

メニュー30種類以上!

マスカルポーネ、栗抹茶、ナッツ類が入っているもアイスもあって、どれを食べようか本当に悩んじゃいます。

 

イチゴも単なるイチゴというメニューの表示ではなくて、「さがほのか」など品種名まで指定しているところが、さらに食欲をかきたててくれます。

 

主な種類として次の4つがあります。

  • ジェラート
  • 果汁
  • ヨーグルト
  • チョコレート
  • アルコール(サングリア)

 

フルーツをカットしてそのままフルーズンしているから、アイスを食べながらフルーツも食べている満足感があります。

果汁タイプは乳製品を使用せず、果汁を凝縮しているものもあるので、アイスクリームとは全く違う味わいになります。

 

お値段は400円から600円までとなっています。

 

PALATAS(パレタス)の味は?

美味しいかと言われると美味しさは☆☆☆3つ。案外普通かも。

ただし、私は1種類しか食べてないので他の種類は美味しいかもしれません。

 

甘さ控えめでヘルシー系のフルーズンフルーツとしてはアリです。

アイスクリームとして考えるべきではなく、 フローズンフルーツバーと考えた方が良いです。

 

甘いアイスクリームのような味わいを求めるなら、ティラミスなどのケーキタイプの卵・牛乳を使ったバーを注文するのがおススメ。

 

アレルギーのある方は、乳製品を使っていない果汁タイプがおススメですね。

PALATAS(パレタス)家でも作れる?

お家でも作れますよ。フルーツパレタとヨーグルトパレタの2種類を紹介します。

ぜひ、お子さんと一緒に作ってみてください。

フルーツパレタの作り方

☆用意するもの

  • カットした果物(2、3種類あると彩りも良い)
  • 果汁100%ジュース
  • アルミホイル
  • 割り箸(持ち手)
  • 使い終わった紙パック(事前に洗って乾燥させておく)

 

☆作り方

  1. 紙パック(予め高さは調節して切る)に、果物を側面にはりつけるようにして並べる
  2. ジュースを流し込む
  3. 割り箸を入れて、アルミホイルで上部をフタをして冷凍庫へ入れる。(5~6時間)

 

ヨーグルトパレタの作り方

☆用意するもの(4人分)

  • ジャム(お好みの種類)
  • ヨーグルト(加糖した飲むヨーグルトでも〇)100ml
  • キウイフルーツ1個・バナナ2本(2、3種類ほど)
  • アルミホイル
  • 割り箸(持ち手)
  • 使い終わった紙パック

(プラスアルファでレモン汁やハチミツを適量あっても美味しいです。)

 

☆作り方

  1. キウイフルーツを半月切りにカット
  2. バナナを4~6等分に輪切りにして割り箸もしくは長めのピックを貫くように刺す
  3. 飲み口部分を切り落とした紙パックの内側に、ジャムをまだらにぬる
  4. 紙パックの外側に果物を貼り付けるように並べる
  5. 飲むヨーグルトを注ぐ(無糖ヨーグルトの場合、少しハチミツで加糖した方がおいしい)
  6. アルミホイルで上部にフタをして冷凍庫へ入れる(5~6時間)

 

作り方は、意外にとってもシンプル。

紙パックは100mlがちょうどよいサイズ。

紙パックがなければ、紙コップでも作れます。

 

今、紙パックじゃなくても型が100円ショップで売っているので、沢山作る場合は、それを使っても良いですね。

さいごに

パレタスのフローズンフルーツバーは、その名の通り、アイスというよりも凍らせたフルーツを食べるという感覚に近いです。

 

こういった新しい発想(少なくとも日本では)って日本人ウケするし面白いです。

パレタスのメニューは自分の発想次第で、広がっていきます。

オリジナルパレタスが出来る楽しみがありますね。 

 

みなさんもお店に行ったり、夏休みにお子さんと一緒にお家でパレタス作って、自由研究にするなど楽しんでみてはいかがでしょうか。きっと、お子さんは、色々な種類のパレタスを作って楽しめる事間違いなしです!。