食べることは生きること

料理など食べ物にまつわる情報を発信しています。ママならではの目線、美容、健康を考えた視点からの記事を主に書いています。

B級グルメ好きなら、ぶらり谷中銀座商店街はいかが?

cat

 

谷中銀座商店街」ってご存知ですか?

B級グルメを食べ歩き出来て、年齢を問わず楽しめる商店街です。

 

郊外へ行くにも道路が渋滞していると行く気しなくなりますよね?

そんな時は、電車でふらっと行ける谷中銀座商店街はいかがでしょうか?

 

谷中銀座商店街ってどんなところ?

70軒以上の飲食店や雑貨屋が並ぶ昭和の風情が残る商店街です。

全長170mくらいで1、2時間あれば十分に楽しめる規模の商店街です。

 

日暮里駅のトマトなどの繊維街とは逆方向、西口出口へ降ります。

左側へ歩いていくと「夕やけだんだん」と呼ばれる階段があります。この階段を降りていくと、ずら~っと小さなお店が並んでいます。夕日に照らされてオレンジ色に輝くことから「夕やけだんだん」と名付けられたそう。公募の結果選ばれた名前なんです。

 

日暮里駅からおよそ徒歩5分。

まさに、そこが谷中銀座商店街

 

道も数メートル幅と狭いので、結構お客さんがいると、日傘をさして歩けません。

子連れだと、見たい雑貨屋さんがあってもなかなか行きにくく、子供の興味のある食べ歩きのみとなってしまうかもしれませんね。

 

 谷中銀座商店街は猫の聖地とも呼ばれている

谷中銀座商店街は、猫に関係するお店が多いんです。

猫スイーツ、猫雑貨、猫グッズなどなど。

猫好きにはたまらないお店があるかもしれません。

 

お店だけじゃなくて、商店街を歩いていても、猫をモチーフにした置物や像があちらこちらにあるんです。商売繁盛の招き猫として置かれ、「七福猫」と呼ばれています。

谷中銀座商店街に立ち寄った際は、この7匹の猫を探して散策するのも楽しいですよ。

 

数年前までは、道を歩いていても、猫に遭遇するほど猫が多かったんです。

しかし、 残念ながら、私が行ったときは、本物の猫を見かけることはありませんでした。昨今は、街をあげて野良猫を保護する取り組みをしているからなのだそうです。

 

谷中銀座商店街のB級グルメ店紹介

 

・「いちふじ」~激安惣菜店

激安一本50円の焼き鳥屋さん

普段なら安すぎて食べる気がしないけど、みんな並んでるし食べちゃう?という気分になってしまいます。

写真撮影禁止です。外国人観光客が焼いてるところの写真を撮ろうとすると「Delete!」と言われていました。人情味あるところゆえんかもしれません。

  •  営業時間:10:00~19:00
  •  定休日: 不定休
  •  住所 :台東区谷中3-11-13

 

・「やなかしっぽや」~焼きドーナツ屋さん

“猫の尻尾をイメージした長細い焼きドーナツを売っています。

国産にこだわり、メープル味やチョコ味など10種類以上も味の種類があります。

甘くないからヘルシーです。ナチュラル志向の方におすすめなお店です。

  • 営業時間:10:00~18:00(土日祝19:00)
  •  定休日: なし
  •  住所 :台東区谷中3-11-12

 

・「肉のすずき」~コロッケ屋さん

メンチカツは、牛肉ギッシリ。玉ねぎの甘味はやや控えめ。もともと和牛専門の精肉店。油は1日3回とりかえるとのことで、油っこくないコロッケを楽しめます。

コロッケはシンプルにじゃがいもオンリー。想像するようなじゃがいもの味ではないのですが美味しかったです。

  • 営業時間:10:30~18:00
  •  定休日: 月曜
  •  住所 :荒川区西日暮里3-15-5

 

・「ちょんまげいも たまる」~さつまいものお店

シンプルにそのまま揚げたさつまいもスライスと揚げた小カットのさつまいもを食べました。

スライスした方は、もう少し塩味が効いてたり、ハチミツディップしたり何か味がもう少しあったら美味しかったかもしれません。ですが、逆に言うと素揚げなので、さつま芋そのものの味が楽しめます。

  • 営業時間:11:00~19:00
  •  定休日: 月曜
  •  住所 :台東区谷中3-11-15

 

ついでにちょっと足をのばすとこんなところも行けちゃう

少し歩くと谷中霊園まで行けます。谷中霊園は、都内三大霊園のひとつで、面積は、約10万㎡。広大な敷地には、徳川家15代将軍徳川慶喜、鳩山一郎、横山大観など歴史上の有名人物が眠っています。

幸田露伴の「五重塔」のモデルとなった天王寺五重塔の跡もあります。

春の時期には、桜並木が有名で沢山の人の気持ちを和ませてくれます。

 

  • 谷中霊園
  • 住所: 台東区谷中7-5-24

 

持っていくと良いもの

 ・飲み物

食べ歩きには、飲み物が必須です。

自販機や高いドリンクを買うしかないかなと思いきや、商店街真ん中あたりにスーパーがあるのでそこで買っても大丈夫です。しかしあまり種類がありません。

 

・日傘や帽子(暑い時)

暑い時は、日傘や帽子は必須ですね。混んでたら日傘は歩く人の邪魔になるので使えません。

 

  ・ウェットティッシュやビニール袋

ウェットティッシュは持っていたら便利。食べ歩きでついつい手を汚してしまったりするので。

ゴミは、お店に持っていけばよいのですが、食べ歩きしていたらビニール袋あったら便利です。手をふいたウェットティッシュやゴミもまとめて捨てられます。

 

<その他チェックする所>

トイレは小さな商店なので、あるところにはありますが、あまり期待できません。

 商店街を外れたお店で探すか、事前にすませておくと困りませんよ。

 

さいごに

谷中・根津・千駄木は谷根千(やねせん)エリアと呼ばれます。

谷中銀座商店街へ足を運んだら、ついでに根津、千駄木まで足をのばして散策することもできます。昔ながらの風情が残るノスタルジックな余韻に浸れるちょっとした異空間の谷中銀座商店街。一人でも、お友達とでも、夫婦とでも、子連れでも楽しめるスポットですよ。